保険商品の評価

【ソニー生命】学資保険スクエアのシュミレーションと口コミをFPが評価2018

更新日:

-PR-

ソニー生命「学資保険スクエア」を現役FPが徹底分析!

ソニー生命の「学資保険スクエア」は、低金利の影響を感じさせない108%もの返戻率の高さで人気になっています。

2017年4月以降、返戻率が100%を下回る学資保険も増える中、ソニー生命の学資保険は未だに高い返戻率をキープしています。

数ある学資保険の中でも、多くの人に選ばれ実際にプロからの評価も高い学資保険といってよいでしょう。

そんなソニー生命の学資保険には3つの特徴があります。

1.豊富な3つのプラン
2.オーダーメイドプラン作り
3.保険料払込免除という3つの特徴があります。

オーダーメイドプランはライフプランナーというソニー生命の保険のプロと各家庭に合わせて作っていく事もできる非常に魅力的なシステム。

結論から先にお伝えします。

現役のFPの目から見ても、ソニー生命の学資保険は私たち親にとって、子供の将来に備える上で非常に優れた学資保険と言えます。

今回は、学資保険スクエアの3つの特徴と保障内容、4つのメリットと考えられるデメリットについて解説します。

参考にしてください。

-PR-

ソニー生命学資保険スクエアの3つの特徴をFPが徹底解説!

ソニー生命の学資保険スクエアには、高い貯蓄性の他にも3つの特徴があります。

  1. Ⅰ型~Ⅲ型までの3プランから選択できる
  2. オーダーメイドプラン制作も可能
  3. 保険料払込免除

この3つの特徴は学資保険スクエアの大きな強みとなっています。

1.3つのプランから選択して加入することができる

学資保険の学資受取の希望時期は、各家庭で異なります。

大学進学時に全額受け取りたい方もいれば、大学だけではなく高校入学時にも受け取りたい方もいる、もしくは大学進学時から卒業まで毎年学資金を受け取りたい方もいるはずです。

学資保険スクエアでは学資金受け取り時期が異なる3つのプランがあるので、自分に最適なプランを選択することができます。3つのプランの違いは、学資金を受け取るタイミング。

ここからは、3つのプランの詳細について解説します。

Ⅰ型の詳細

Ⅰ型は大学進学時だけではなく、中学・高校入学時にかかる費用にも備えることができるプラン。

満期は17・18歳満期か20・22歳満期から選ぶことが可能。進学学資金は満期の30%で、受け取り回数は満期時期によって異なります。

満期時期 学資金・満期金受け取り時期
17・18歳 【学資金】12歳、15歳

【満期金】17歳か18歳

20・22歳 【学資金】12歳、15歳、118歳

【満期金】20歳か22歳

※1
満期金20歳・22歳の場合、18歳時に受け取る学資金は、満期金と同額。

基準学資金100万円で、満期17・18歳の場合だと、12歳、15歳の時に進学学資金30万円を受け取り、満期に100万円受け取るということですね。

満期が20・22歳の場合だと、12歳、15歳の時に進学学資金30万円、18歳の時に進学学資金100万円、そして満期にも100万円受け取るということです。

Ⅱ型の詳細

Ⅱ型は大学進学時に重点を与えたプラン。満期は17・18歳、もしくは20・22歳から選びます。

満期を20・22歳に設定すると、18歳時に満期金と同額の進学学資金を受け取ります。

満期時期 学資金・満期金受け取り時期
17・18歳 【満期金】17歳か18歳
20・22歳 【学資金】18歳

【満期金】20歳か22歳

Ⅲ型の詳細

Ⅲ型は、大学生活にかかる費用を総合的にカバーすることができるプランです。

満期は22歳のみで、18歳時から22歳まで毎年学資金を受け取ります。受取額資金は、満期学資金と同額です。

満期時期 学資金・満期金受け取り時期
22歳 【学資金】18歳、19歳、20歳、21歳

【満期金】22歳

満期金が40万円の場合は、学資金40万円を4回受け取るということですね。

またⅢ型の絶対に知っておきたい特徴としては、3つのプランの中で最も返戻率が高くなるということです。

契約者年齢23歳男性、被契約者0歳、基準学資金200万円でシミュレーションした場合の3プランの返戻率の結果は以下の通りです。

プラン 毎月の保険料 保険料払込総額 返戻率
Ⅰ型 15,780円 1,893,600円 101.3%
Ⅱ型 16,000円 1,920,000円 104.1%
Ⅲ型 15,532円 1,863,840円 107.3%

Ⅰ型とⅡ型では、56,160円も違います。Ⅲ型は特に返戻率が高いです。

2017年4月以降、高いと言われる返戻率が101%前後ということを考慮すれば、他のプランの返戻率も十分に高いです。

返戻率の高さに重点を置くのもいいですが、学資金受け取り時期も十分に検討してから、プラン選びを行いましょう。

-PR-

2.ライフプランナーとの相談でオーダーメイドプラン制作

学資保険スクエアに加入する場合は、必ずソニー生命保険に在籍しているライフプランナーと面談を行わないといけません。

ライフプランナーは、家計、貯蓄、そして保険のことなどに精通している人。学資保険契約までに、何度かライフプランナーと相談することになります。

ライフプランナーと面談する理由は、あなただけの学資保険プランを考えるためです。

受取額資金額、学資金受け取りタイミング、保険料の払い込み方法などを自由に決めます。

学資金プランニングは複雑で難しいです。しかし、ライフプランナーがあなたにぴったりと合った学資金計画作りの手伝いを行ってくれるのです。

3.保険料払込免除特約もセットになっている

学資保険スクエアには、保険料払込免除特約がセットになっています。

保険料払込免除特約とは、保険期間中に契約者が死亡したり、高度重度障害になったりしたとき、その後の保険料の払い込みが免除される保障です。

保険料の支払いが免除されても、保障内容はそのまま継続するのが最大の魅力。

つまり、契約者に万が一のことが起きても、子どもは100%学資金を受け取ることができるのです。

保険に特約はつきものですが、保険料払込免除特約は学資保険ならではのもの。何が起きても、確実に子どもに教育資金を残してあげることができるのは大きな魅力です。

-PR-

ソニー生命学資保険スクエアの保障内容まとめ

ソニー生命の学資保険スクエアの保障内容を、簡単に確認したいという方も多いはずです。

そのような方のために、今回は学資保険スクエアの加入を検討する際に知っておくべき保障内容を、分かりやすく表にまとめました。ぜひ参考にしてください。

保障内容 詳細
満期 【Ⅰ型】17歳・18歳もしくは20・22歳

【Ⅱ型】17歳・18歳もしくは20・22歳

【Ⅲ型】22歳

進学学資金受取時期 【Ⅰ型】12歳・15歳もしくは12歳・15歳・18歳

【Ⅱ型】なし、もしくは18歳

【Ⅲ型】18歳・19歳・20歳・21歳

契約者年齢 18歳~プランにより上限年齢は異なるため、ライフプランナーに相談
被保険者年齢 0~7歳
出産前加入 出産予定日140日以内(Ⅲ型のみ91日以内)から加入可能
保険料払込免除特約 あり
医療保障 なし
育英年金 なし
保険料払込方法 月払い

半年払い

年払い

保険料払込期間 【17歳満期】10歳、15歳、17歳

【18歳満期】10歳、15歳、18歳

【20歳満期】10歳、15歳、17・18歳、20歳

【22歳満期】10歳、15歳、17・18歳、20歳、22歳

ソニー生命学資保険スクエアの4つのメリット

学資保険スクエアに加入するメリットは、主に4つ。

  • 平均110%という高い返戻率
  • 4つの満期タイプ
  • 保険料払込方法
  • 幅広い受取総額。特に返戻率と幅広い受取総額は学資保険スクエアならではのもの

1.保険料値上がり後も変わらない高い返戻率

2017年4月、マイナス金利の影響で各保険会社の保険料が値上がりしました。保険料が値上がるということは、返戻率が下がるということ。

多くの学資保険の返戻率が下がり、元本割れする学資保険も出てくる中で、学資保険スクエアは依然として高い返戻率を保っています。返戻率の高さは、数ある学資保険の中でも1番でしょう。

返戻率が高いと評判の他の学資保険と比較してみた結果が、こちらです。

-PR-

2.4つの満期タイプがあるので早生まれの子供でも安心

学資保険で最も大切なのは、学資金・満期金を受け取るタイミング。

せっかく積み立てた学資金。適切なタイミングで受け取りたいですよね。

学資保険スクエアでは、満期年齢を4つの中から選ぶことができます。

  • 17歳満期
  • 18歳満期
  • 20歳満期
  • 22歳満期

4つの満期タイプを選べることで、得られるメリットは以下の2つ。

早生まれでも確実に大学進学前に満期金を受け取ることができる

学資保険にもよりますが、基本的には満期金受け取り時期は、所定の年齢の誕生日を迎えた後にやってくる年の契約日。つまり、誕生日に満期金を受け取るのではなく、誕生日を迎えた後の契約日に満期金を受け取るのです。

一般的な18歳満期で早生まれの方は大学進学前ではなく、大学進学後に学資金を受け取る可能性が高いことになります。

しかし、17歳満期を選べば、確実に大学進学前に満期金を受け取ることができます。また、推薦入試やAO入試に備えて年内に満期金を受け取ることも可能となるのです。

あなたのプランに柔軟に対応

学資保険の主な目的は、大学進学時にかかる費用に備えることです。そのため多くの学資保険では満期が18歳となっていますが、お金がかかるのは進学時だけではありません。毎年の大学授業料、留学費用、大学院進学費用、社会人準備費用なども考えないといけません。

特にグローバル化が進む中で、いくつかの私立大学は、すでに留学必修化に向けて準備を進めています。5年後、10年後、15年後、あなたの子どもが大学に進学したとき留学が必修化されている可能性は高いです。

その時、多額に費用がかかることは間違いありません。20歳満期、22歳満期にしておけば、大学生活でのイベントにも備えることができます。

満期の選びかたは、次の通り。

  • 17・18歳満期・・・大学進学時に重点を置く。
  • 20・22歳満期・・・大学院進学、留学、毎年の授業料など大学生活に起こるイベントに備える

家族のライフプランや子どもの将来の可能性をよく考慮して、満期は選びましょう。

3.家計に合わせた3つの保険料払込方法を選べる

学資保険スクエアでは、保険料の払い込み方法を月払い、半年払い、そして年払いのいずれかを選ぶことができます。

どの払込方法でも同じように思えますが、払込方法で払込保険料総額と返戻率が変わってきます。

基本的に学資保険料は、まとめて支払った方がお得になります。

実際にどれくらい変わるのか見てみましょう。契約者30歳、被保険者0歳、受取総額200万円でシミュレーションした結果が以下の通りです。

保険料払込方法 払込保険料総額 返戻率
月払い 1,864,800円 107.2%
半年払い 1,858,560円 107.6%
年払い 1,850,800円 108.0%

年払いと月払いでは14,000円も違いが出ます。

保険料払込方法選びでは、お得な年払いを選びがちですが、年払いを選ぶ前に考えなければいけないことが1つだけあります。

それは、家計を負担することなく払込を行うことができるのかどうかということ。

年払いを行うと、契約月に1年間分の保険料を支払うことになります。

先ほどのシミュレーションの年払いだと、契約月に99,978円を支払うことになります。

他の固定費などの支払いもある中、約10万円もの支払いを行うと家計を圧迫する可能性は十分にあります。

保険料の支払いができなくなり途中解約するくらいなら、毎月無理なく保険料を支払った方が賢明です。

-PR-

4. 幅広い受取総額

学資保険スクエアでは、受取総額を50万円から250万円まで10万円単位で選択することができます。

一般的な学資保険では、受取総額が180~250万円の間です。

50万円から積み立てを開始することができるので、2つの学資保険に加入する場合には選択肢になります。

また学資保険以外の方法で教育資金を貯めていて、リスク分散のために学資保険に加入したいという方にもぴったりです。

学資保険スクエアの3つのデメリット

トップクラスの返戻率と人気を持つ学資保険スクエアにも、デメリットはあります。

主なデメリットはー。

  1. シンプルすぎる学資保険。保障がほとんどない
  2. ライフプランナーとの面談があり、契約までに多少の時間がかかること
  3. 資料請求ができないこと

学資保険内容には直接関係ないことばかりですが、意外と大きなデメリットでもあります。

1.保障もつけたい方には向いていない

学資保険スクエアが108%という返戻率を保つことができている理由は、無駄な保障を全て省いているからです。

保障は保険料払込免除特約だけ。医療特約、入院特約、育英年金などはつけることができません。

学資保険選びでは、返戻率を重視するべきだとよく言われますが、充実した保障がついた学資保険に加入したい、返戻率は元本割れしない程度でいいから、子どもの保障はいくつかつけたいという方もいるはずです。

学資保険スクエアに加入するのならば、高い返戻率の代わりに保障は諦めなければいけないということは理解しておきましょう。

2.ライフプランナーとの面談はデメリットにもなる

ライフプランナーとの相談によってオーダーメイドプランを作ることができます

しかし、この相談が面倒と感じる方もいるでしょう。ライフプランナーとの面談時間は最短でも約30分、そして場合によっては数回行われます。

相談場所は自宅でもファミレスでもよければ、土日や夜にも相談できます。

しかし、他の学資保険に加入するときには面談をしなくても良い場合もあることを考えるとメリットにはなりません。

またソニー生命に限らずライフプランナーとの面談で、学資保険以外の保険商品をすすめられる可能性もあります。

ライフプランナーは、まずあなたの家計やライププランを分析し、その結果をもとに、学資保険以外のソニー生命保険の商品も勧めてくるかもしれません。

しかし、本当に必要のない商品は進めることもなければ、強引に勧誘することもないでしょう。

いらない場合には、はっきりと断って問題ありません。

3.紙の資料を貰うことができない

ほとんど全ての保険会社では、無料で紙の資料を請求することができます。

しかし、ソニー生命保険では紙の資料の配布を行っていません。資料の代わりに、ライフプランナーが面談時に設計書を渡してくれます。

つまり、ライフプランナーとの面談前にゆっくりと紙の資料で保険の検討をすることができないのです。

資料請求も契約も全てライフプランナーを通して行わないといけないのは、人によってはデメリットになりうりますよね。

ソニー生命の口コミをFPが徹底分析!良い評判と悪い評判

大人気になっているソニー生命の学資保険。

高い返戻率はもちろん、子供の将来を考えた上でも非常に優秀な学資保険と言えます。

そんなソニー生命の学資保険の口コミをまとめました。

どんな商品やサービスにも、良い評判もあれば悪い口コミもあるものです。

返戻率や評判の良さだけでなく、マイナスの部分もしっかりと知っておく事は非常に重要です。

特に学資保険は一度加入したら変えることはありません。

自分の家庭環境や経済状況、子供の将来の未来図を考えながら参考に役立てて下さい。

ソニー生命学資保険の悪い評判

mama
学資保険やソニー生命さんの対応には非常に満足しています。 改善点というか、希望としてクレジットカード払いが出来ないのは世の中の流れ的にどうなのかな?と思いました。

一般的にもクレジットカード払いは出来るのが普通ですし、ポイントを貯めたい人にとっては不便ではないでしょうか。

今後、支払い方法も追加されて頂ければ非常に嬉しいです。

mama
ライフプランナーとのやり取りが面倒でした。 旦那の仕事が忙しく出張も多い為、中々時間が取れず学資保険に入るまでに2か月くらい時間がかかってしまいました。

本当は私だけで話を聞ければ良かったんですが、旦那も同席したいとの事でライフプランナーさんには無理を言って日程調整して頂きました。

なのでライフプランナーを介さずネットで契約といった方法もあれば嬉しかったです。

実際に話して頂いた事は非常にためになりましたし、補償内容も私たちの家族にとって最も適していると思います。

今となれば子供にとって一生に一度の事と考えれば、必要な事だったのかもしれないな。話をちゃんと聞いて良かったな。と思います。

ありがとうございました。

ソニー生命学資保険の良い口コミ

mama
子供が産まれてすぐに、ソニー生命さんの学資保険に入りました。

友達が保険の外交員をしており、別の会社の学資保険を勧められたのですが調べてみると条件があまり良くない事に気づきました。

調べた結果、最も魅力的だったソニー生命の学資保険に決めました。 返戻率も補償内容も文句ありません。

友人には申し訳なかったですが、しっかりと調べて良い学資保険に加入できて良かったです。

mama
子供の将来に備えてお金を貯めたいと考え、夫や両親に相談した結果、学資保険に入ることにしました。

貯金や別の方法でも良かったのですが、貯金は自分で貯められる自信がなかったし投資はリスクもあるので一番良い選択肢が学資保険でした。

ソニー生命の学資保険に入ったのは雑誌で紹介されていたからです。

現在の収入や将来設計をプランナーさんに話すと、子供や私たちの将来のシュミレーションと共に無理のない支払額を算出してくれました。

強引に学資保険への加入を勧められることもなく安心して保険に入ることができました。

家族3人、力を合わせてこれからの人生を楽しく歩んでいけたらいいなと思います。

-PR-

ソニー生命学資保険スクエアまとめ

3つのプランからあなたのニーズに合ったものを選ぶことができる学資保険スクエアには、4つのメリットがありました。

4つのメリットの中でも、特に目立つのは、やはり他の学資保険を寄せ付けないほど高い返戻率。

しかし、高い返戻率ゆえに保障がついていない、ライフプランナーを通して契約や資料請求を行わないといけないというデメリットもあります。

もしあなたが貯蓄性を重視するならば、学資保険スクエアは必ず検討するべきです。

ぜひ今記事を参考にして、学資保険スクエアがあなたに合っているのかどうか考えてみてください。

-保険商品の評価

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.