保険ショップとサービス

自転車保険も完備! 保険ほっとライン3つのメリット2つのデメリットをFPが徹底解説!

更新日:

FPが徹底解説!保険ほっとラインの詳細と取り扱い保険

「保険ほっとライン」は、あなた専用のカルテを作ってくれるお医者さんのような保険ショップ。全店舗に保険のプロであるファイナンシャル・プランナーが在籍しています。

保険ほっとラインを利用するメリットは3つ。

  1. 主婦必見の自転車保険の取り扱い
  2. 訪問相談サービス
  3. 魅力的すぎるアフターフォロー

一方で、相談員のレベルと学資保険の取り扱いが弱いという2つのデメリットもあります。

保険ほっとラインの4つの特徴と、3つのメリット・2つのデメリット、そして口コミ評価までを一挙にご紹介します。

保険ほっとラインの詳細と4つのポイント

保険ほっとラインは、かかりつけのお医者さんのような存在。加入している保険の見直しや新規加入、保険金の請求、複雑な事務手続きまで保険に関することは何でも行ってくれるのです。

そんな保険ほっとラインには4つの特徴があります。⓵日本初の来店型保険ショップ➁30万件以上の相談実績⓷ファイナンシャル・プランナーの在籍➃無料のサービス提供です。

1.日本初の来店型保険ショップ

来店型保険ショップの先駆けとなった「保険ほっとライン」。販売者主体の保険の販売文化を変えたいという思いのもと、1998年3月に日本初の来店型保険ショップとして誕生しました。

保険ほっとラインが提供しているサービスは、大きく分けると3つ。

  1. 保障を持つことの大切さを伝える
  2. きちんと保険について考えることの大切さを伝える。
  3. 相談後もきちんとお世話をしてくれる

保険商品を提案するだけではなく、保険と向き合う機会も与えてくれるのが保険ほっとラインなのです

2.相談実績15年で30万件以上の実績

他の保険ショップよりもキャリアの長い、保険ほっとラインでは30万件以上の相談実績を誇ります。

また、相談可能店舗は全国で184店舗もあります。

3.ファイナンシャル・プランナーが在籍している

保険ほっとラインには、他の保険ショップにはない大きな魅力が1つあります。それが、全店にファイナンシャル・プランナーが在籍していること。

ファイナンシャル・プランナーは、人生設計のプロです。金融、ローン、年金、税金、そして保険などに幅広い知識を持っているプロであり、特に保険に強いファイナンシャル・プランナーが保険ほっとラインには在籍しています。

他の保険ショップにもファイナンシャル・プランナーは在籍していますが、全ての店舗には在籍しているわけではありません。

4.全てのサービスが無料

保険ほっとラインでは、保険の見直しも、保険の加入も、保険金請求の仕方も、保険のことなら何でも無料で相談できます。

また、保険を売るために存在しているのではなく、保険に関することで困った人々を助けるために存在しているため、他の保険ショップで保険の見直しや契約手続きをした人もサービスを利用することができます。

保険ショップの中には、契約後のアフターフォローを行っていないところが多く、給付金の申請手続きの仕方がわからないと言った悩みを持つ方は多数います。そのような方たちも、保険ほっとラインに無料で手続きの仕方を相談することができるのです。

保険ほっとラインの取り扱い保険一覧

保険ほっとラインが取り扱っている保険会社は、31社です。

生命保険や損害保険はもちろん、火災保険、学資保険、自動車保険、そしてペット保険など日常生活で必要となりそうな保険はすべて保険ほっとラインで相談することが可能です。

以下が保険ほっとラインが取り扱っている保険会社一覧です。

生命保険会社
三井住友海上あいおい生命保険
アクサ生命保険
アメリカンファミリー生命保険
メットライフ生命
オリックス生命保険
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
AIG富士生命保険
東京海上日動あんしん生命保険
朝日生命保険
マニュライフ生命保険
メディケア生命保険
ソニー生命保険

損害保険会社
損保ジャパン日本興亜
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険株式会社
東京海上日動火災保険
チューリッヒ保険会社
セゾン自動車火災保険株式会社
そんぽ24損害保険
富士火災海上保険
アイペット損害保険
朝日火災海上保険
イーデザイン損保
セコム損害保険
三井住友海上火災保険
ジェイアイ傷害火災保険
AIU保険会社
エイチ・エス損害保険
日新火災海上保険
アクサ損害保険
あいおいニッセイ同和損害保険

取り扱い保険会社は店舗によって異なる可能性もあるので、詳しくは相談店舗に問い合わせてみましょう。

取り扱い商品の中には、法人保険も

また、保険ほっとラインでは、法人保険に関する相談を行うこともできます。法人保険に関する相談をできる保険ショップはなかなかないので、これは保険ほっとラインの特徴と言えますね。

法人保険ができることは、主に3つ。毎年の節税、将来の貯蓄、万一の場合の保障です。

もしあなたが会社を経営するうえでどんな保障が必要なのかわかっていない、法人保険加入のメリットがよくわかっていないならば、一度法人保険について相談してみるのをおすすめします。

簡単にですが、法人保険加入で得ることができるメリット6つを箇条書きで紹介します。

1.経営者の資産形成
2.医療保険やがん保険の法人契約
3.退職金の準備
4.経営者の万が一に備える
5.役員勇退職金の準備
6.事業承継対策

保険ほっとラインで法人保険相談を行う場合は、完全予約制となります。しかし、法人保険相談も無料で、オフィスに来てくれるのは大きな魅力ですね。

保険ほっとラインの3つのメリット

保険ほっとラインを利用するメリットは、主に3つあります。

  1. 主婦に嬉しい自転車保険の取り扱い
  2. ショップ以外の相談も可能ということ
  3. 万全のアフターフォロー

この3つのメリットがあるからこそ、保険ほっとラインは多くの人々に愛され続けています。

1.ママ必須の自転車保険も取り扱っている

自転車は便利である一方、私たちが思っているよりも危険な乗り物です。

2014年の自転車事故による死傷者は約11万人。自転車事故が増加している背景で、賠償責任が重くなっています。なんと賠償額が9千万円を超えているケースもあります。加害者が子どもや未成年者でも賠償額が減額されるということはありません。

そんな実情を踏まえ、2015年6月1日に道路交通法の一部が改正され、地域によっては自転車保険加入が義務となりました。実際に大阪府でも平成28年7月1日から条例で自転車保険の加入を義務化としています。

 

自転車事故の被害者になった時、加害者になった時のために備えるのが自転車保険。自転車事故に備えるためには、2つの保険に加入する必要があります。自分が被害者となった場合の傷害保険と自分が加害者となった場合の個人賠償責任保険です。

自転車保険の加入が義務化となっている自治体は少ないですから、個人で対策を取っておきましょう。個人賠償責任保険は特約で付帯するのが普通です。

医療保険と傷害保険の両方に個人賠償責任特約が付いている場合もあります。分からなかったら、保険ほっとラインで相談してみるといいかもしれませんね。

2.保険ショップでも、自宅でも相談可能

保険ほっとラインは来店型の保険ショップですが、自宅でも、勤務先でも保険相談を行うことが可能です。もちろん訪問相談でかかる交通費はかかりません。

この訪問相談サービスは、小さな子どもをお持ちの方には嬉しいサービスですよね。子どもが生まれたのをきっかけに学資保険に加入したり、保険の見直しをしたりする方は多いからです。

しかし、小さな子どもを連れての長時間外出は難しいもの。保険相談中に子どもが泣きわめいてしまい、やむなく相談を中止しなければいけなかったという経験をした方はたくさんいます。自宅での相談だと、子どもが泣いても比較的融通が効きます。

お気に入りのおもちゃを与えたり、テレビを見せたりすることができるので、子連れの方も保険相談に集中することができるのです。

3.万全のアフターフォローも保険ほっとラインの魅力の1つ

保険ほっとラインがかかりつけの保険ショップと言われている大きな理由に、充実したアフターフォローがあります。

保険選びや見直しも大変ですが、保険は加入後も大変です。

保険ほっとラインが提供してくれるアフターフォローサービスは5つ。

  1. 事務手続きのサポート
  2. 保険金請求サポート
  3. 更新と見直しのサポート
  4. 情報提供サポート
  5. 加入補償を一覧化したきちんとファイルの提供

ここからは5つのアフターサービスについて解説します。

1.事務手続きのサポート

保険には事務手続きがつきものです。結婚した時、出産した時、引っ越しした時、定年を迎えた時など、ライフステージが変化するたびに保険の事務手続きを行わなければいけません。

具体的には、電話番号の変更、住所変更、払込変更の方法、補償内容の変更などを契約している保険会社、保険商品の数だけ行わないといけません。この事務手続きをしっかりとサポートしてくれるのは、ありがたい制度です。

また保険証書を紛失した場合の手続きもサポートしてくれます。

2.保険金請求サポート

保険で最も大切なのは、保険金・給付金を受け取ること。しかし、保険金請求書の書き方などに慣れていない方には難しい上に、万が一の場合が起きたときには、保険金申請にまで頭が回らない可能性もあります。

重要な保険金受け取り申請手続きを最初から最後までサポートしてくれます。

3.更新と見直しのサポート

いくつかの保険に加入していると、更新手続きを行わなければならない時があります。その更新手続きもサポート。また更新案内が来たときは、契約時と状況が違うかもしれませんので、違う保険の加入、新たな保障の付加など、保険見直しもサポートしてくれます。

4.情報提供サポート

保険ほっとラインで無料相談を行うと、専用のカルテを制作してくれます。

このカルテをもとに、あなたに合った保険新商品や法改正に伴う情報などの案内が送られてきます。

5.きちんとファイル

「きちんとファイル」は、あなたが加入している保険を一冊のファイルにまとめたものです。全ての保障を一括で管理し、証券の代わりにもなります。更新日や満期日も確認することができます。

このようなファイルを無料で作成してもらうことができます。パソコンやスマートフォンでも確認することも可能です。

保険は、保険は加入するときよりも契約後が大切。きちんとファイルがあれば、確実に保険金や給付金を受け取ることができますし、制作しておく価値は十二分にあります。

きちんとファイル作成は、以下の3ステップで行えます。

ステップ1:保険証券をすべて保険ほっとラインにもっていく
ステップ2:相談員が保障内容をまとめてきちんとファイルを制作
ステップ3:後日、保険ショップできちんとファイルを受け取る

保険ほっとライン2つのデメリット

保険ほっとラインには魅力的なメリットがある一方で、2つのデメリットがあります。

 

1.必ずしもファイナンシャル・プランナーに相談できるとは限らない

保険ほっとラインは全店舗にFPが在籍していますが、相談員全員がFPというわけではありません。むしろ、その割合の方が少ないでしょう。

他の保険相談サービスでFPと確実に相談できるものもありますし、相談の質は、そのようなFPのサービスのほうが高いでしょう。

しかし、保険ショップだけでみると全店舗にファイナンシャル・プランナーが在籍しているところは、ほとんどありません。

保険相談サービス全体では、相談員全員がFPでないことはデメリットになりますが、保険ショップだけでみると、それほど大きなデメリットにはなりません。

2.保険ほっとラインでは学資保険商品の取り扱いが弱い

もし保険ほっとライン利用の目的が学資保険相談ならば、他の保険ショップやファイナンシャル・プランナーに相談することをおすすめします。

保険ほっとラインの取り扱い保険会社は31社もありますが、学資保険商品の取り扱いは非常に弱いです。ソニー生命、アフラック、オリックス生命は取り扱っていますが、明治安田生命のつみたて学資やニッセイの学資保険などの人気商品は扱っていないようです。学資保険の品ぞろえは非常に弱い印象を受けます。

ファイナンシャル・プランナーもJA共済とはじめのかんぽは取り扱うことはできませんが、人気商品については知識は持っています。学資保険相談目的ならば、ファイナンシャル・プランナーに1度無料相談することを考えてみてもいいかもしれません。

保険ほっとラインの評判・口コミは?

保険ほっとラインの評判・口コミは良いです。

相談員の対応は誠実で、保険ショップの雰囲気も明るくて良いという高評価の声が多数あります。

相談内容も、説明だけを受けるのではなく、相談者が自分でしっかりと保険のことを考えることができるような対応になっているようです。

高評価もある一方、少ないですが低評価の意見もあります。低評価をつけた人の理由は、やはり希望していた保険商品が取り扱われていなかったということ。

店舗によっては、扱っていない保険商品もあるので、相談予約時に気になる保険商品を取り扱っているのかどうか尋ねるといいですね。

保険ほっとラインまとめ

保険ほっとラインは、相談実績30万件以上の日本初の来店型保険ショップ。全てのショップにファイナンシャル・プランナーが在籍しているのが、最大の特徴です。

4つのメリットの中でも、「きちんとファイル」を無料で制作してくれるなどのアフターサービスは非常に魅力的です。

しかし、学資保険の取り扱いが弱いというデメリットもあるので、相談内容によってはファイナンシャル・プランナーとも相談を行った方がいいかもしれません。

-保険ショップとサービス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.