保険ショップとサービス

ほけんの窓口5つの魅力と評判の理由を現役FPが徹底解説!

更新日:

ライフステージに合った保険選び、できていますか?

出産や結婚、子どもたちの巣立ち…。ライフスタイルの変化をきっかけに、保険の見直しや加入を考えたいという方は少なくないはず。

でも、馴染みのない保険で、どの保険が自分のライフステージに合っているか本当にわかっていますか

そんな悩みを持つ方たちの間で評判になってきているのが、『ほけんの窓口』。ショッピングモールやスーパーに併設されていて、気軽に立ち寄れるのも人気の秘訣の一つです。

そんな『ほけんの窓口』の魅力やデメリット、取り扱いのある商品などについて、FP(ファイナンシャルプランナー)が解説します。

 

ほけんの窓口とは~高い提案力と品揃え

 

『ほけんの窓口』は、複雑で難しい保険選びを手伝ってくれる保険代理店(保険ショップ)。トップクラスの知名度と提案力を誇っています。

2017年現在、来店型保険ショップの中でナンバーワンを誇る店舗数の多さに加えて、2015年6月までに販売累計実績数100万件を突破している保険ショップです。

ここで注目したいのが“来店型”保険ショップという言葉。実は保険ショップと言っても、様々な種類があるのです。まずは、保険ショップの特徴から見てみましょう。

 

保険ショップの種類とその違いを知ろう!

現在、主流となっている保険ショップとその特徴は、以下の通り。

⒈全国チェーン型保険ショップ

最大のメリットは、全国展開しているので、店舗が移転したりしても、同じサービスを他の店舗で受けることができるということ。また、特定の保険会社に肩入れしない中立な立場でアドバイスが受けられるのも大きな利点です。

取り扱う商品が幅広く、様々な年代層をターゲットとしているため、子連れの来店も想定した雰囲気作りをしているのが魅力的です。

ほけんの窓口も、こう言った全国チェーン保険ショップに分類されます。

一方で、全国チェーンの保険ショップのデメリットは、担当者がベテランから新人まで様々ということ。提案力に個人差があるのではないかという不安を持たれがちですが、社内研修やマニュアルがしっかりしている保険ショップも多いのが特徴です。

⒉生命保険を販売する会社が運営する保険ショップ

保険ショップには、生命保険を販売する会社が運営する来店型、あるいは訪問型のショップもあります。加入したい保険会社がある程度決まっているならば、そういった店舗に行ってみるといいでしょう。相談員は、当然ながらその保険会社の商品についてはプロですから、あなたのニーズにあった最適な商品を紹介してくれるはずです。

一方、デメリットは、基本的に自社の保険商品のみの紹介が行われるため、他社商品との比較ができません。

ほけんの窓口の5つの特徴と魅力

数多くある保険ショップの中でも、ほけんの窓口が抜群の知名度と人気を誇る理由はちゃんとあります。

ほけんの窓口の5つの特徴と魅力を見ていきましょう。

1.何度相談してもお金がかからない

通常、ファイナンシャルプランナーに相談をすると1時間3000〜5000円程度の費用が必要になりますが、ほけんの窓口をはじめとする全国チェーンの保険ショップでは相談料を取られることはありません。

ほけんの窓口では、何度でも相談無料。では、どうやって会社を運営しているのかというと、保険会社からの契約手数料で成り立っているのです。

同じようなサービス業に不動産屋さんがあります。土地や建物の物件を探している時には不動産屋さんに仲介を頼みますね。

契約が成立すれば、不動産屋さんは大家さんから契約手数料をもらいますが、この大家さんに当たるのが保険の場合は、保険会社ということになります。保険ショップは、保険商品を売ることによってそれぞれの保険会社から契約手数料をもらうということです。

不動産屋さんに相談をしただけでは、お金を取られないのと同様に、保険ショップでも、何十回相談してもお金を取られることはありません。

相談は無料というと当たり前のように感じますが、このような仕組みによって保険ショップは成り立っているということです。

2.幅広い保険商品の中から選択をする事が出来る!

ほけんの窓口の最大メリットは、なんといっても複数の保険会社の商品を比較できるということ。

保険ショップと言っても、そのショップで取り扱っている商品の数は会社によって様々。つまり、取り扱う商品の幅の広さが狭ければ、選択肢が少なくなり、全国展開している保険ショップを選ぶ意味がなくなると言っても過言ではありません。

ほけんの窓口で扱っている保険会社は約35社。これは、保険ショップが扱っている保険商品数ではトップクラスです。取り扱う保険の種類も学資保険、生命保険、損害保険など様々ですから、必ずあなたに見合った商品を勧めてくれるはずです。

3.徹底したお客さん目線

初めて保険ショップに足を運ぶ人は、「もし無理やり保険加入をすすめられたらどうしよう?」と不安に感じているのではないでしょうか?

ほけんの窓口では、無理な契約や勧誘は一切していません。というのも、保険ショップにとって、評判は生命線。もし無理な勧誘や契約をしたという情報が広まれば、信用性を失ってしまうことになります。

ほけんの窓口は評判が非常に良いことでも知られていますし、それは累計販売実績100万件以上という圧倒的な数字にも表れています。

お客さんが完璧に納得できるまで、親身になって相談してくれるのが高い評判の理由でしょう。

4.子供を連れでも、相談がしやすい

保険ショップ選びで雰囲気は重要な要素の一つ。あまりにも厳かな雰囲気だと、少し腰が引けてしまいますよね。

ほけんの窓口はカジュアルな雰囲気なので誰でも気軽に入ることができます。

特に小さなお子様連れの方への配慮は十分にされています。子供が楽しめる無料キッズコーナーがあるので、お子様が退屈してぐずることはありませんし、赤ちゃん連れのママのためにも授乳スペースが設置されています。

また、大人向けのドリンクはもちろん、お子様向けにジュースも無料で出してくれます。小さなサービスですが心遣いを感じますよね。

保険ショップとは思えないカジュアルな雰囲気の中、リラックスしながら保険について相談することができます。

5.加入後も生活の変化に応じてサポートしてくれる!

出産、結婚、就職、退職など、必要な保険はライフステージの変化によって変わってくるのは当然。でも、自分で保険を見直すタイミングに気づくのは難しいですよね。

ほけんの窓口は、保険加入後もサポートしてくれるので各ライフステージに必要な保証に入っているのかどうか確認できます。

特に年に1度あなたの加入している保険を見直すことができる「安心の輪 定期便」を活用することで、その時のライフステージに加入している保険が合っているのかどうかを確認することができます。

ほけんの窓口で保険相談をするまでの流れ

ほけんの窓口はカジュアルで、ショッピング帰りにでも気軽に入れる雰囲気。でも、事前にある程度の準備をしておけば、より効果的に保険の相談ができますよ

ここからは、ほけんの窓口で実際に保険相談をするまでの流れを紹介します。

1.相談に行く前の事前準備をしておこう!

事前準備と言ってもたいしたことはありません。

なぜ保険が必要なのか?どんな保険が必要なのか?いつごろお金が必要になるのか?と大まかなイメージをしていくこと。

例えば、あなたが子供の将来のための保険を探していると伝えれば、保険ショップでは様々な学資保険を紹介してくれるでしょう。具体的な保険の種類や補償内容はプロがアドバイスをしてくれるので考える必要はありません。

しかし、なぜ保険加入・保険見直しをしたいのかといったことは、明確にしておきましょう。保険見直しの場合は、現在加入している保険証券を持っていくとスムーズにチェックしてもらうことができます

自分で保険をある程度選んでおきたい!選ぶ基準を知りたい!という方は下記の記事を参考にして下さい。

参考⇒学資保険の選び方~ファイナンシャルプランナーが教える6つのポイント

この記事は、本サイトのテーマでもある学資保険にフォーカスをしていますが、基本的には生命保険やその他の保険でも同じです。

保険ショップに行く際には手ぶらでも構いませんが、その日にピッタリの保険を見つけた場合のことを考えて、契約時に必要な印鑑を持っていくといいですね。

2.ほけんの窓口にネットか電話で予約をしておくのも1つの手

ほけんの窓口は、事前に予約をしなくても対応してくれますが、事前に予約をしておくことで、待つことなくスムーズに保険相談を開始することができます。

これは、ほけんの窓口公式サイトでも下記のように解説がなされています。

Q 相談に行く時、予約は必要ですか?

A 必ずしも予約は必要ありません。予約をせずに直接ご来店いただいても、ご相談いただけます。
ただ、店舗の状況によっては満席の場合等、すぐにご対応できかねる場合がございます。ご来店の際にお待たせすることなく確実にご対応させていただくためにも、事前にご予約いただくことをおすすめしております。

出典:ほけんの窓口公式サイト

ほけんの窓口は24時間ネットで相談予約を行うことが可能。

ネット予約は空き状況も簡単に確認できるのでおすすめです。

また、ネットが苦手な方はフリーダイヤルから予約をする事も出来るので活用してください。

ほけんの窓口相談ダイヤル⇒0120-605-804

3.入りたい補償内容や予算など意向の整理

実際にほけんの窓口へ出向いたら、早速保険相談が始まります。

まず行われることは、あなたがなぜ保険に入りたいのか、どのような保証が欲しいのか、どのようなライフプランを考えているのか、あなたの現在のライフステージはどんなものかなど様々なことを相談員に伝えます。

ここで見栄を張って、毎月支払える以上の金額や実際とは違う将来図を伝えてしまうと、提案される保険が変わってきます。十分に注意をしてください。

4.保険選びの情報提供

あなたが伝えた要望をもとに、ほけんの窓口のスタッフが将来的に必要な金額を独自のシステムで算出し、グラフで分かりやすく表示してくれます。

さらに、あなたの意向にあった保険商品も一覧で示してくれます。

相談員は約35社の保険会社の商品から、あなたの要望に合ったものを組み合わせて提示。もし、現在加入している保険があれば、その保険内容も考慮した結果を提示してくれるでしょう。

商品の内容やおすすめの内容も分かりやすく説明されます。

もし相談員が提示したあなただけのオリジナル保険プランに納得したら、その場で申し込みをすることが可能。提案してもらった保険に納得ができなかったら、日を改めて相談したいことを伝えることも出来るので安心です。

『契約をしなかったら悪いんじゃないか?』と心配する方も多いですが、基本的に1回の相談で契約する方は少ないので問題ありません。

保険選びには、平均して2~3回相談する方が多いです。焦らずにじっくりと自分に合ったものを選びましょう。

ほけんの窓口の取り扱い保険会社~生命保険や学資保険の取り扱いは?

ほけんの窓口では約35種類もの保険会社の、生命保険から学資保険まで幅広い商品を扱っています。主な取り扱い保険会社は以下の通りです。

ほけんの窓口が取り扱う生命保険会社

アクサ生命保険株式会社
朝日生命保険相互会社
アフラック
住友生命保険相互会社
ソニー生命保険株式会社
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
三井生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社

ほけんの窓口が取り扱う損害保険会社

アクサ損害保険株式会社
朝日火災海上保険株式会社
アメリカンホーム医療・損害保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
富士火災海上保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社

このように見てみると大手も、そうでない保険会社も、まんべんなく取り扱っていますね。

生命保険は、万が一の時のための保険と、医療保険やがん保険などの医療費のための保険、そして学資保険や養老保険などの将来のための保険に分けられます。

また、生命保険は会社によって補償内容や返戻率などが大きく変わってくるので、保険ショップとじっくり相談しながら選びましょう。

保険ショップを選ぶ3つのポイントをほけんの窓口はクリアしている

今やたくさんある保険ショップ。ほけんの窓口を始めとするチェーン保険ショップはたくさんありますが、チェーン店だからどこも同じサービスだと適当に選んではいけません。

保険ショップ選びを行う際に押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

1.取り扱い保険商品を多数持っている

保険ショップに行く最大のメリットは複数の商品を比較して選択できること。しかし、もともと扱っている保険商品の数が少なければ、比較できる対象も狭くなります。

幅広い保険商品の中から、あなたのライフプランに合ったものを選ぶことができるように、取り扱い保険商品数が多い保険ショップを選ぶことは必要不可欠です。

2.規模の大きな保険ショップへ行く

保険ショップの最大のデメリットが、全ての相談員が経験豊富な専門家ではないということです。中には入社したばかりの未経験の相談員もいます。未経験と言ってもある程度の知識を持ち合わせてはいますが、やはりお金の専門家ファイナンシャル・プランナーとは違います。

確実にファイナンシャルプランナーに相談をしたいという方は、全員がファイナンシャルプランナーの資格を保有する保険のビュッフェがおすすめです。

参考⇒保険のビュッフェの7つの魅力と学資保険取り扱いの有無

保険のビュッフェは、全員がファイナンシャルプランナーというレベルの高い体制を整えていることで評判が非常に良いサービスです。

また、経験が少ない相談員をサポートするためにベテラン相談員がいますが、規模の小さな店では相談員の数も少なく、忙しい日によってはベテラン相談員がサポートできない場合があります。

規模の大きな店舗であれば、相談員の数も多く、忙しくてもベテランが他の相談員をサポートすることができますから、もしほけんの窓口がお近くに2店舗あれば、大きい方の店舗に行くことをおすすめします。

3.自宅の近所かどうか?立地も非常に重要!

保険ショップに1回だけ相談に行って、納得のいく保険プランを見つけることはほとんどありません。最低でも2~3回は保険ショップに通うことになります。

自宅から離れている保険ショップだと、通うのが負担になる可能性があります。可能な限り自宅に近い保険ショップを選ぶのがいいでしょう。

ほけんの窓口の口コミと評判まとめ

ほけんの窓口を始めとする、ほとんどの保険ショップでは無料で相談を行っています。もし、加入する保険に迷っているなら、一度相談してみることをお勧めします。

数ある保険ショップの中でも、ほけんの窓口は間違いなくトップレベル。ほけんの窓口以外の複数の保険ショップや保険のビュッフェでも相談を行い様々な提案内容をみて実際に契約する商品を決めるというのも一つの方法です。

保険は一度入ったら、解約をしない限りずっと支払い続けるもの。加入するのが遅くなればなるだけ、条件は悪くなりますし、明日病気になる可能性だってあります。いざという時に非常に大きな役割をはたしてくれる大切なものですから、慎重、かつ後回しにせずに最適な保険を選ぶことが非常に重要です。

 

-保険ショップとサービス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.